富士山登山が可能な時期

富士山への登山には時期があります。

公式に登山道が開いているのは7月と8月の2ヶ月間のみになります。
(雪解けの状況によっては7月頭から開かない年もあります。また、9月は1週目まで開いている年もあります。)

実際には、山肌に積雪があるまでは9月にも登山可能ですが、
山小屋も次々に営業を終了していくため、初心者にはおすすめできません。

10月から6月までは完全に冬山です。
初心者はもちろん、山に慣れた方でも冬山装備が無ければとても登れる状態ではありません。

つまり12ヶ月中2ヶ月ほどしか富士山登山のチャンスは無いことになります。

例年だいたい9月に初冠雪があります。
雪が降っても、溶けて、地表に雪が定着して根雪にならなければ、まだ登ることもできます。

9月~10月ごろに山肌に根雪が定着してから、登山道の雪が解けきらない6月までは、
富士山は非常に危険な山で、とても登れるような状態ではありません。

オフシーズンの富士山は、
プロの登山家が8000メートル峰へ向けての訓練のために登るほど困難で危険な山になります。

誰でも比較的容易に登れる夏の2ヶ月とは180度違う死の山です。

オフシーズンには毎年のように死亡者が出ています。
厳冬期の富士山で、某有名レーサーが遭難して瀕死で下山し、
同行していた仲間数人が亡くなったニュースなど記憶にある方も多いのではないでしょうか。

このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。