トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 北鎌倉 > 建長寺

建長寺の概要

建長寺は、鎌倉五山第一位の禅寺。
建長五年(1253年)に、北条時頼により創設された、日本で最初の禅道場である。
境内は広大で、総門、三門、仏殿、八東、方丈が一直線に連なる中国の禅宗様式に基づいたもの。
境内奥の展望台からは、鎌倉市内や相模湾が一望できる。秋の紅葉や季節の花も美しい。

住所 神奈川県鎌倉市山ノ内8
TEL 0467-22-0981
休業日  
営業時間  
料金 大人300円
アクセス 北鎌倉駅より徒歩20分
駐車場  
ホームページ http://www.kenchoji.com/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

総門

現在の総門は、1783年に京都般舟三昧院で建立されたものを昭和になって移築したもの。

三門

国の重要文化財であるこの門は1775年に再建されたもの。楼上には五百羅漢を安置している。

国宝の梵鐘

鐘楼の梵鐘は国宝である。

仏殿

国の重要文化財である仏殿には、建長寺の本尊である地蔵菩薩を安置している。現在の建物は4代目のもの。

法堂

国の重要文化財である法堂は、1814年に再建されたもの。関東最大の法堂で、千手観音を本尊としている。

唐門と方丈

唐門の奥の方丈は、総門と同様に京都般舟三昧院で建立されたものを昭和になって移築したもの。

庭園

方丈の裏には、蘸碧池を中心とする庭園があり、方丈から観覧することができる。





境内奥の紅葉

境内一番奥の半増坊までは長い階段を上って行くこととなる。秋には一面に紅葉が見られ、非常に美しい。





半僧坊本殿

静岡浜松の方廣寺から分身された半僧坊が安置されている。家内安全など甚大なご利益がある。



勝上嶽展望台

半僧坊からさらに5分ほど階段を上ると、勝上嶽展望台がある。ここからは建長寺境内はもちろん、鎌倉の町や相模湾が一望できる。更に奥に進むと、建長寺境内を出て天国ハイキングコースへと入る。





地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。