トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 鎌倉駅東側エリア > 鎌倉宮

鎌倉宮の概要

後醍醐天皇の皇子の護良親王をお祀りする神社。
親王の討幕を促した令旨により、足利尊氏など各地の武士が立ち上がり、鎌倉幕府は滅びることとなる。
しかし、その後、護良親王は足利尊氏と対立し、鎌倉の東光寺の土牢(つちろう)に幽閉された後、殺害されてしまう。
明治になり、建武中興に尽くされた護良親王をお祀りするために、明治天皇のご勅命によって、東光寺跡に鎌倉宮が造営された。

住所 神奈川県鎌倉市二階堂154番地
TEL 0467-22-0318
休業日 無休
営業時間 9:30〜16:30(入場は16:00まで)
12月・1月は9:30〜16:00(入場は15:30まで)
料金 大人300円・子供(小学生以下)150円
アクセス 鎌倉駅徒歩30分
鎌倉駅東口から京急バス [ 鎌20・4番 ] 大塔宮行き 大塔宮下車
駐車場 大鳥居の左に鎌倉宮横駐車場(鎌倉市観光協会運営)あり
ホームページ http://www.kamakuraguu.jp/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

拝殿

拝殿までは無料で参拝可能。拝殿すぐ左の拝観受付から先の、土牢やもみじ散歩道や宝物殿は有料となる。

土牢

拝殿横の拝観受付から入ると、本殿の真後ろに土牢がある。護良親王が幽閉されていたもの。

もみじ散歩道の紅葉

拝殿横の拝観受付から入ると、本殿の周りを回るように散歩道を歩くことができる。その名の通り、秋には美しい紅葉を楽しむことができる。

神苑 山あじさい散歩道

秋には紅葉に包まれるもみじ散歩道は、6月ごろにはあじさいを楽しめる山あじさい散歩道に姿を変える。


地図とアクセス




クチコミ

コメントは受け付けていません。



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。