トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 鎌倉駅東側エリア > 瑞泉寺

瑞泉寺の概要

鎌倉公方(鎌倉府の長)の菩提寺として、鎌倉五山に次ぐ関東十刹に列せられた格式のある寺院。
境内を囲む山々の紅葉が錦の屏風のように美しいことから、山号は錦屏山である。
開山の夢窓国師は、作庭にも才能を発揮し、本堂裏の庭園は国の名勝に指定されている。

住所 神奈川県鎌倉市二階堂710
TEL 0467-22-1191
休業日 無休
営業時間 9:00~17:00(入門は16:30まで)
10月〜3月は9:00~16:30
料金 大人200円・小中学生100円
アクセス 鎌倉駅から京急バス [鎌20・4番]大塔宮行き 大塔宮下車 徒歩10分
駐車場 約10台
ホームページ http://www.kamakura-zuisenji.or.jp/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

境内のあじさい

6月には、入り口を入ってすぐ左手にあじさいが咲き乱れる。参道をまっすぐに進まず、少し寄り道してみるのも良い。

錦屏晩鐘とあじさい

山門をくぐると左手にある瑞泉寺の鐘楼。

本堂

山門をくぐって少し進むと、すぐに本堂が姿を現す。境内には季節の花々が見られる。

名勝瑞泉寺庭園

本堂の裏手にある、岩盤を彫って作られた岩庭とも呼ぶべき庭園。鎌倉に%A

コメントは受け付けていません。



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。