トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 鎌倉駅東側エリア > 杉本寺

杉本寺の概要

杉本寺は、734年に行基により建立された鎌倉最古の寺。
ご本尊の十一面観音像三体は、国または市の重要文化財で、内一体は行基の作とされる。

住所 神奈川県鎌倉市二階堂903
TEL 0467-22-3463
休業日  
営業時間 8:00~16:30(入山受付16:15まで)
料金 大人200円・子供(小学生以下)100円
アクセス 鎌倉駅より徒歩25分
鎌倉駅より京急バス(5番乗り場)→「杉本観音」下車 徒歩1分
駐車場 なし
ホームページ http://sugimotodera.com/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

詳細情報と見所

境内を貫く階段

入り口から境内奥の本堂まで、一直線に長い階段が続く。仁王門から上の「苔の階段」は通行止めで脇から迂回する。

茅葺の仁王門

階段の進むと境内中ほどに茅葺屋根の仁王門がある。門を守る仁王像は運慶作と伝わる。

大蔵弁財天堂

財宝、利得の神、弁天尊をお祀りしている。この弁天尊をお参りすると、大きな蔵が建つ程富に恵まれると言い伝えられる。

本堂

境内の一番奥には茅葺屋根の本堂が立つ。

権現堂

本堂脇の権現堂。もとは白山・熊野三山に祀られる熊野神が勧請されたもの。

鐘楼堂

本堂脇にある杉本寺の鐘楼。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。