トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 鎌倉駅東側エリア > 妙本寺

妙本寺の概要

元々この比企谷には、源頼朝の重臣である比企能員らの屋敷があった。

比企一族は、比企の乱の際に滅ぼされるが、これを逃れた末子・能本が、一族の屋敷跡を日蓮聖人に献上したのが妙本寺のはじまり。

住所 神奈川県鎌倉市大町1-15-1
TEL 0467-22-0777
休業日  
営業時間  
料金 境内自由
アクセス 鎌倉駅から徒歩8分
駐車場  
ホームページ http://www.myohonji.or.jp/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

総門

妙本寺境内の入り口にある総門。関東大震災で倒壊するも再建される。

方丈門

総門をくぐって少し進むと、斜め左に現れるのが方丈門。これをくぐって階段を上ると本堂。くぐらずにまっすぐ進んでしまうと、本堂を素通りして祖師堂の方に進んでしまう。

本堂

現存の本堂は昭和6年に建立されたもの。境内の左方に控えめに位置する。境内正面奥の大きいお堂は本堂ではなく祖師堂。

鐘楼堂とあじさい

鐘楼堂は関東大震災で倒壊したが、昭和九年に再建された。6月のあじさいや、11月の紅葉が映える。

二天門

境内奥の祖師堂の前に立つ門。美しい朱色の門で、秋には紅葉が映える。

祖師堂

境内一番奥に位置する大きなお堂。妙本寺の開山・日蓮聖人を祀っている。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。