トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 長谷エリア > 長谷寺

長谷寺の概要

おおよそ奈良時代ごろに十一面観音像を本尊として開山した寺。
長谷寺の諸堂宇は、鎌倉の町と海を見渡せる斜面に建てられているが、
これらは関東大震災で全て壊滅したものを実に60年以上かけて頑丈な鉄筋で再建し、
昭和61年になってやっと完成したものである。
境内一番上の眺望散策路からは、鎌倉の海と町が一望できる。
6月頃のあじさいも実に見事だ。

住所 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
TEL  
休業日 無休
営業時間 8:00~17:00(3月~9月)   閉山は17:30
8:00~16:30(10月~2月)   閉山は17:00
料金 大人300円・子供100円
アクセス 江ノ電の長谷駅より徒歩5分
駐車場 30分300円
ホームページ http://www.hasedera.jp/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

山門

入り口に構えられた山門。通ることはできず、左脇の券売機で拝観券を購入して、左脇から境内に入る。

花菖蒲

入り口の正面には、妙智池と放生池の2つの池が配置されている。あじさいと同時期に花菖蒲が見られる。

弁天窟

下境内の右手隅には、弘法大師参籠の地とされる弁天窟がある。窟内壁面には弁財天とその眷属である十六童子が彫られている。

下境内から上境内へ

長谷寺の境内は、池や庭園が広がる下境内と、主要な諸堂が立ち並ぶ上境内に分かれている。

地蔵堂

下境内と上境内の間にある地蔵堂。子安・繁栄のご利益をお授けする 福壽地蔵。

阿弥陀堂

源頼朝が、自身の42歳の厄除けのために建立した阿弥陀如来坐像が安置されている。

観音堂

長谷寺のご本尊である十一面観音像が安置されている。

大黒堂

神奈川県内でも最古の大黒天像をご本尊とするお堂。

見晴台

上境内の端はベンチなどが用意された休憩所になっている。鎌倉の町や海が一望できる絶景スポット。

経蔵

経蔵内の輪蔵(経典が収められた回転式の書架)を一回転させると、その全ての経を読んだのと同じ功徳があるといわれる。

眺望散策路

経蔵の裏の斜面は眺望散策路となっている。少し坂を上れば、鎌倉の町と海が見える絶景を拝める。

アジサイの径(こみち)

6月ごろには、眺望散策路はあじさいで埋め尽くされる。鎌倉を代表するあじさいの名所は、入場までに1時間待ちとなることも珍しくない。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。