トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 長谷エリア > 光則寺

光則寺の概要

露日蓮聖人が佐渡に流刑にされた際に、弟子の日朗も北条時頼の家臣・宿谷光則の屋敷に捕らえられる。
宿谷光則は、その後、日蓮聖人に帰依し、屋敷を光則寺とした。
境内裏山には日朗が捕らえられていた土牢が残る。
こじんまりとした境内であるが、季節の花が美しい花の寺としても知られる。

住所 神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
TEL 0467-22-2077
休業日  
営業時間  
料金 100円(小中学生は無料)
アクセス 江ノ電の長谷駅より徒歩7分
駐車場  
ホームページ
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

山門

入り口の山門。山門の後ろにある賽銭箱に拝観料を入れて中に入る。春には山門前に見事な枝垂桜が咲く。

本堂

山門をくぐり、6月のあじさいをはじめとした鉢植えを眺めながら進むと、すぐに本堂に至る。

あじさい

光則寺は花の寺としても知られ、季節によって様々な花が咲くが、鎌倉らしく6月のあじさいも見事。境内裏手に咲くものに加え、鉢植えのあじさいも充実している。

花菖蒲

あじさいの季節になると花菖蒲も咲く。
その他、海棠など様々な季節の花を楽しめる。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。