トップ > 日本 > 富山県 > 立山黒部アルペンルート > 関電トンネルトロリーバス

関電トンネルトロリーバスの概要

関電トンネルトロリーバスは、 扇沢駅から黒部ダム駅までの全長6.1kmを結ぶトロリーバス。
後立山連峰の赤沢岳直下を貫く関電トンネルを通り、16分ほどで黒部ダム駅に到着する。
トロリーバスは鉄道のように架線から電気を取り動く電気バスで、法律上は鉄道に分類される。
昭和の時代には全国で見られたトロリーバスだが、今日では立山黒部アルペンルート内の2ヶ所、この関電トンネルトロリーバス立山トンネルトロリーバスが運行するのみ。

TEL 076-432-2819
休業日 12月上旬頃~4月上旬頃
営業時間 6:30頃~17:00頃
料金 大人1540円(往復 2570円)
小人770円(往復1290円)
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

トロリーバス

かつては日本全国で見られたトロリーバスも今ではアルペンルート内に残るだけ。電気駆動で環境にやさしいことに加えて、勾配に弱い鉄道と違い、急勾配の関電トンネルを走行するのにも適する。

トロリーポール

電気で動くトロリーバスは鉄道の様に張り巡らされた架線から集電してモーターで走行する。バスの上には集電装置のトロリーポールが見られる。

乗り場

バスは多くの台数があり、数台がまとめて出発する。運行間隔は30分おきとなっているが、混雑が予想されるGW期間や夏季休暇期間などは次々に臨時便が増発される。

破砕帯

全長5.4キロの関電トンネルのほぼ中央、扇沢側から2.6キロの地点には突破に7ヶ月を要した破砕帯がある。破砕帯の部分はトンネルのライトがブルーになっていて分かりやすい。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。