トップ > 日本 > 富山県 > 立山黒部アルペンルート > 立山ロープウェイ

立山ロープウェイの概要

立山ロープウェイは、立山黒部アルペンルートの黒部平駅大観峰駅を結ぶロープウェイ。
両駅間には支柱が1本も無いワンスパーン方式のロープウェイとなっている。
ワンスパーン方式としては日本一の長さがあり、大迫力の景観を楽しむことが出来る。
立山連峰や後立山連峰を見渡すことが出来、眼下には黒部湖が広がる圧倒的な眺望だ。
GWなどの繁忙期はこの立山ロープウェイの輸送能力がボトルネックになり待ち時間が発生する。

TEL 076-432-2819
休業日 12月上旬頃~4月上旬頃
営業時間 8:30~17:10(時期によって異なる)
料金 大人1300円(往復1940円)
子供650円(往復970円)
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

立山ロープウェイ

立山ロープウェイは、一度に80名を乗せることが出来る搬器が2基交走する方式のロープウェイ。輸送能力の関係で混む時期にはアルペンルートの輸送のボトルネックになりがち。

眼下の黒部湖

急斜面の岩場の標高差500メートルを7分ほどで結ぶロープウェイは、動く展望台!雄大な景観を楽しむことが出来る。眼下には黒部湖も望むことが出来る。

支柱の無いワンスパーン方式

駅間に支柱が一本もないワンスパーン方式としては、日本最長の長さを誇る。

眼前に迫る立山連峰

ロープウェイの上部の大観峰駅は、立山の山頂下700メートルの位置にある。アルペンルート最高地点の室堂からわずか134メートル下の標高にまで到達する。

下りも大迫力の眺望

立山ロープウェイは下りの眺望もまた素晴らしい。眼前に広がる後立山連峰や眼下の黒部湖を見ながら下ることが出来る。ぜひ一番前のポジションを確保したい。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。