トップ > 日本 > 岩手県 > 平泉 > 高館義経堂

高館義経堂の概要

高館義経堂は、北上川に面した丘陵である高館(判官館)にあるお堂。
源頼朝に追われた源義経は、藤原秀衡の庇護のもと、この地で暮らしていた。
しかし、頼朝からの執拗な追討要請を受けた藤原泰衡に追い詰められ、この地で自害する。
後年、仙台藩主伊達綱村が義経を偲んで建てたのがこの義経堂である。
拝観料を払い階段を登ると、目の前には北上川と束稲山のパノラマが広がる。

住所 岩手県平泉町平泉字柳御所14
TEL 0191-46-3300
休業日 年中無休
営業時間 8:30~16:30 (11月5日~4月4日は8:30~16:00)
料金 大人200円・中学生以下50円
アクセス 平泉駅より徒歩20分
駐車場
ホームページ http://www.motsuji.or.jp/gikeido/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

入口と拝観券発行所

拝観券発行所で拝観料を支払ったら、脇の階段を登る。それほど段数はない。

北上川と束稲山

階段を上りきると、目の前には絶景が広がる。目の前を流れる北上川、後ろには束稲山が聳える光景は、平泉屈指の眺望。

資料館

境内には小規模な資料館も。

義経堂

境内左奥にある小さなお堂が義経堂。中には義経の木像が安置されている。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。