トップ > 日本 > 愛媛県 > 道後温泉 > 道後ぎやまんガラス美術館

道後ぎやまんガラス美術館の概要

道後ぎやまんガラス美術館は、カフェやウェディング会場などとなっている山の手ガーデンプレイス内にある美術館。
道後温泉本館の象徴である屋上の振鷺閣の赤いギヤマンをはじめ、希少な江戸時代から大正時代のガラス作品を展示している。

住所 愛媛県松山市道後鷺谷町459-1
TEL 089-933-3121
休業日  
営業時間 9:00~22:00(入館は21:30まで)
料金 大人600円・高校生400円・小学生無料
アクセス 道後温泉駅より徒歩7分
駐車場 無料
ホームページ http://www.dogo-yamanote.com/gardenplace/museum/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

山の手ガーデンプレイス

道後ぎやまんガラス美術館は、カフェダイニング「山の手マリアージュガーデン」、フランス風ゲストハウス「山の手迎賓館」、イングリッシュガーデンなどが集結した山の手ガーデンプレイス内にある。

ガーデン

庭園には白鷺のオブジェやワインボトルの滝など、ガラスと水を使ったオブジェが飾られている。 夜にはライトアップされ、昼間とはまた違った魅力がある。

道後ぎやまんガラス美術館

館内は赤と黒を基調にしたモダンな造りになっている。展示されたガラス製品だけではなくディスプレイも美しく、幻想的な空間となっている。

館内展示

決して大規模な展示スペースを誇る美術館ではないが、希少な江戸時代の"ぎやまん"や"びいどろ"、明治時代や大正時代の和ガラス作品を西日本最多の約300点ほど展示する。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。