トップ > 日本 > 滋賀県 > 湖南三山 > 長寿寺(湖南三山)

長寿寺(湖南三山)の概要

長寿寺は、滋賀県の琵琶湖の南に位置する湖南三山を構成する寺の1つ。
奈良時代に聖武天皇の勅願により、良弁僧正によって創建された寺。
国宝の本堂に加え、重要文化財の弁天堂などを有する、湖南市最古の古刹で歴史ある寺だが、何といっても秋の紅葉が圧巻。
ぜひ秋に、湖南三山の常楽寺善水寺と共に訪れたい。

住所 滋賀県湖南市東寺5丁目1-11
TEL 0748-77-3813
休業日  
営業時間 午前9時~午後4時
料金 500円
アクセス 「石部駅」よりバスで16分 「長寿寺」下車
駐車場 無料
ホームページ http://www.burari-konan.jp/konan3zan/tyoujyuji.html
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

紅葉の山門

11月の中旬から下旬頃に訪れれば、入り口から圧倒的な紅葉の海に圧倒されるはず。

紅葉のトンネル

入り口から本堂まで長く続く参道は、紅葉のトンネルに包まれる。これだけでも来た甲斐があると思えるはずだ。

内佛堂

入り口から紅葉の参道を進むと、すぐ右手に紅葉に包まれた内佛堂が姿を現す。

本堂

長い参道を進むと不意に姿を現す茅葺屋根の趣ある本堂。鎌倉時代に再建された本堂は国宝に指定されている。

鐘楼

本堂向かいには鐘楼が鎮座する。紅葉をバックにした姿は格別!

弁天堂

本堂脇の弁天堂は、その名の通り池の中に浮く。こちらも重要文化財に指定されているものだ。

白山神社

本堂のお隣には白山神社が鎮座する。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。