トップ > 日本 > 愛媛県 > 松山 > 子規堂

子規堂(正宗寺)の概要

子規堂は、正岡子規が17歳まで暮らした家を復元した記念堂で、正岡家の菩提寺である正宗寺境内に建つ。正宗寺は、桑名城主である久松定行が松山に移り、松山城を五層六重から三層四重に改装した際に出た余材で建立されたのが始まりとされる。
子規堂内には、子規の直筆原稿や遺墨・遺品などを展示している他、勉強部屋も再現されている。
境内には、オリジナルの坊っちゃん列車の客車や子規の埋髪塔や内藤鳴雪の髭塔などの見どころも。

住所 愛媛県松山市末広町16-3
TEL 089-945-0400
休業日 年中無休
営業時間 8:30~17:00(入館は16:40まで)
料金 大人50円
アクセス 松山市駅より徒歩5分
駐車場 無料
ホームページ http://shikido.ehime.jp/
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報  

正宗寺

子規堂は、正岡家の菩提寺である正宗寺の境内左手に建つ。松山市駅から徒歩5分とアクセスも良い。

本堂

境内入口から入って正面には本堂がある。子規堂以外の境内は無料で見学自由。本堂前のスペースが自家用車の駐車場となっている。

坊っちゃん列車

子規堂の向かいには伊予鉄道から寄贈された坊っちゃん列車の客車が展示されている。これは復活後のものではなく、昭和29年までのオリジナルの客車となっている。当時の客車は、他には梅津寺公園や伊予鉄古町駅などに残るのみ。

子規堂

境内左隅に建つ子規堂は、子規が17歳まで暮らした家を移築したもので、戦火などで消失した後、現在の子規堂は1946年に復元されたもの。

子規堂内の展示

堂内では、子規の直筆原稿や遺墨・遺品などを展示している。

子規の勉強部屋

堂内にある三畳の小部屋は、子規が松山中学に入ってから増築してもらった勉強部屋。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。