トップ > 日本 > 富山県 > 立山黒部アルペンルート > 雪の大谷

雪の大谷の概要

雪の大谷ウォークは、そり立つ20メートル前後の雪の壁の中を歩ける立山の春の名所。
立山黒部アルペンルートの最高地点である室堂付近の道路がアルペンルート開通に合わせて除雪され、道路の両脇に雪の壁が出現する。
数メートルの雪の壁は蔵王エコーラインなど他でも見られるが、20メートル前後のものは立山ならでは。

住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
TEL 076-432-2819
休業日 4月下旬から5月中まで見られるが、最盛期は早い時期。
営業時間 平日 10:00~15:00 (日程や天候によって異なる)
土日祝日 9:30~15:00 (日程や天候によって異なる)
料金 無料(室堂までのアルペンルートの運賃は必要)
アクセス 立山駅より立山黒部アルペンルートで1時間
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

雪原の立山有料道路

アルペンルート富山側の立山有料道路の室堂寄りの一部が雪の大谷。辺り一面雪に覆われた室堂高原に除雪された道路の筋が伸びている。

大谷ウォーク

立山高原バスの走る立山有料道路の脇が区切られ、歩行者が通れるようになっており、室堂駅から歩くこと100メートルで雪の壁が現れる。短い距離ではあるが冬の気候の中を歩くため服装には注意したい。

雪の壁

歩き始めの室堂駅付近では低い雪の壁も、歩くに連れて高さを増していく。やがてバスの高さも超えるほどの高さに達する。

雪の大谷 最高地点

大谷ウォーク入口から500メートルほどで最終地点に到達。ここが雪の壁の最高地点になる。年や時期によって異なるが、4月下旬の開通直後は20メートル前後にもなる年もある。バス4台分以上の高さの雪の壁にビックリ!


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。