トップ > 日本 > 宮城県 > 仙台 > 宮城県庁展望ホール

宮城県庁展望ホールの概要

宮城県庁展望ホールは、宮城県庁の18階にある展望スペース。
展望台として特別に作られたスペースではないが、18階フロアの中央の一角が開放されており、南北それぞれ180度の展望が楽しめる。
仙台の街並みや、遠く船形山まで見渡せる眺望はなかなかのものだ。

住所 宮城県仙台市青葉区本町3-8-1
TEL 022-211-2111
休業日  
営業時間  
料金 無料
アクセス 勾当台公園駅より徒歩3分ほど
駐車場 1時間100円(平日昼間は80分100円)
ホームページ
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

宮城県庁

展望ホールは宮城県庁の18階フロアにある。現在の庁舎は1989年に完成したもので地上18階・地下2階の立派な建物となっている。

展望ホール

18階フロアの中央部が展望スペースとなっている。360度見渡せるわけではないが、南北それぞれ180度の展望はなかなかのもの。

南東方向の眺望

仙台駅の方向の展望。仙台市の都心部を一望できる。高層の建物も多く仙台の大きさを実感できる。

南西方向の展望

こちらは南西方向の展望。中央には東北随一の繁華街である国分町、奥には仙台城も見える。

北方向の展望

北方向の眺望。北側にも遠くまで仙台の街が続いているのがよく分かる。

北西方向の展望

北西方向を見ると、左奥に遠く船形山まで見渡すことができる。天気の良い日には素晴らしい眺望が期待できる。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。