トップ > 日本 > 神奈川県 > 鎌倉 > 鎌倉駅東側エリア > 安国論寺

安国論寺の概要

日蓮が、1260年に北条時頼に建白した立正安国論を執筆した寺。
立正安国論を執筆した御法窟や、立正安国論に反感を持った人々に日蓮が襲われた際(松葉ヶ谷法難)に避難した南面窟などが残る。
境内は、桜やあじさいをはじめとした季節の花々や紅葉で美しい。

住所 神奈川県鎌倉市大町4-4-18
TEL  
休業日  
営業時間  
料金 100円
アクセス  
駐車場  
ホームページ
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

山門

境内入り口の山門。

本堂

山門をくぐり、参道を進むと正面に本道が現れる。

御小庵

本堂の正面にあるお堂。日蓮が立正安国論を書いたとされる御法窟の前に建てられている。

日朗上人御荼毘所

日蓮の弟子である日朗は、本人の意思により、死後ここで火葬された。

南面窟

境内奥の山の斜面にある洞窟。松葉ヶ谷法難の際に、日蓮が避難したとされる。

立正安国の梵鐘

立正安国と世界平和を祈念して作られたもの。

富士見台

境内正面右手の高台には展望台の富士見台がある。日蓮上人も見ていた眺望が広がる。





熊王殿

日蓮に仕えた熊王丸がつくったとされる鎮守を祀る鎮守社。様右横の階段を上っていくと、富士見台に到達する。






地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。