トップ > 日本 > 宮城県 > 松島 > 扇谷(松島四大観)

扇谷(松島四大観)の概要

双観山の後にある小山で、松島の四大観のうちの一つ。
四大観とは、特に美しいとされる松島の景観4つを見ることができる高台である。
山頂からは松島湾の入り江が扇のような形に見えるため、扇谷と呼ばれている。
アクセスは車のみになるが、四大観の中では松島海岸駅から一番近いため、タクシーなどでも訪れられる。
駐車スペースはわずか数台分で、車を降りてから数分ではあるが徒歩での登りがある。

住所 宮城県宮城郡松島町松島字桜岡入
TEL
休業日
営業時間
料金 無料
アクセス 松島海岸駅から車で5分
駐車場 無料
ホームページ
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

扇谷が望める休憩所

駐車スペースに車を止め、少々徒歩での上りをこなすと、東屋のようなベンチが現れる。
ここから海の方を見渡すと、まさに扇谷が目に飛び込んでくる。

金翅塔

休憩所と同じ山頂付近にある、瑞巌寺第101世である鵬雲東搏禅師の墓所。
中央が鵬雲、右が114世の丹源文叔、左が116世の牧舟禅慧の墓。


金翅堂(達磨堂)

1695年、鵬雲東搏禅師が堂を造営し、中央に聖徳太子、左に緋衣の達磨像、右に鵬雲像を安置したもの。達磨像はオリジナルのものは現存しない。

扇谷の景観

金翅堂近くから見た扇谷の様子。休憩所付近とは少々角度が異なるが、また美しい扇型を見せてくれる。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。