トップ > 日本 > 広島県 > 宮島 >五重塔

五重塔の概要

厳島神社脇の高台に建つ五重塔は、総高29.3メートルで、1407年に建立されたもの。
重要文化財に指定されている。
本尊の釈迦如来・普賢菩薩・文殊菩薩は、明治の神仏分離で大願寺へ移され安置されている。
内部に立ち入ることは出来ないが、厳島神社からもよく見えシンボル的な存在になっている。

住所 広島県廿日市市宮島町1-1
TEL
休業日
営業時間
料金 無料
アクセス 宮島桟橋より徒歩15分
駐車場 無し
ホームページ
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。




見所と詳細情報

厳島神社付近から見た五重塔

五重塔が建つ高台より一段低い厳島神社入口付近から見た五重塔。禅宗様に和様を加えた形式の建物は、どちらから見ても絵になる。

千畳閣付近から見上げる五重塔

五重塔は千畳閣の真横に建つ。下から見上げると、特徴とされる反りの大きな屋根軒先がよく分かる。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。