トップ > 日本 > 愛媛県 > 道後温泉 > 円満寺

円満寺の概要

円満寺は、道後温泉の中心部からほど近い位置にある寺院。
行基作と伝わる一丈二尺の大きな白塗りの地蔵尊や日本に3基しかない仮名詩碑などが見どころ。
道後温泉本館からほど近く気軽に参拝できるので、行基作の大きな地蔵尊を参拝しよう。

住所 愛媛県松山市道後湯月町4-49
TEL 089-946-1774
休業日  
営業時間  
料金 無料
アクセス 道後温泉駅より徒歩8分
駐車場 なし
ホームページ
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

円満寺境内

小じんまりとした境内には、奥の本堂の他、手前に湯の大地蔵尊を拝める白塗りの堂がある。

湯の大地蔵尊

円満寺のシンボルでもある湯の大地蔵という一丈二尺(3.67メートル)の大きな白塗りの地蔵尊は、火除け地蔵として霊験あらたかで、行基の作といわれる。

狂平の仮名詩碑

本堂前の詩碑は、芭蕉十哲の各務支考の門人である臥牛洞狂平らが、京都双林寺の建立の仮名詩碑に習い、支考の25周忌の1755年に建てた仮名詩碑で、日本で3基しかないという珍しい碑となっている。

わらべ地蔵尊

本堂前の可愛らしいお地蔵様は、わらべ地蔵尊と呼ばれ、子供達が元気で正しく育ってくれる願いと、親よりも先に浄土へ旅立った子供の菩薩を弔う、2つの願いを託して建立された。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。