トップ > 日本 > 京都府 > 京都市 > 嵯峨野・嵐山 > 竹林の小径

竹林の小径の概要

竹林の小径は、野宮神社付近から、天龍寺の北門脇を抜け、大河内山荘付近まで続く、竹林に囲まれた小路。天を覆う高い竹林に囲まれた道は大変風情があり、嵯峨野・嵐山だけではなく、京都を代表する風景として知られている。
紅葉シーズンが終わった12月には、京都・嵐山花灯路という夜間ライトアップイベントが有り、竹林は幻想的な雰囲気に包まれる。

住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町 付近
TEL
休業日
営業時間
料金
アクセス 嵐電「嵐山駅」から徒歩10分
駐車場 無し
ホームページ
※データは取材時のものです。実際とは異なる可能性がございます。



見所と詳細情報

野宮神社付近

竹林の小道の東の端は、野宮神社の脇付近から始まる。この辺りはまだ竹も疎らで、空も顔を覗かせる。

天龍寺北門

竹林の小径は、天龍寺の脇にそって西に伸びる。ほぼ中間地点には天龍寺の北門が有り、この辺りから西側が本格的に竹林が深くなる。

天龍寺北門付近

天龍寺北門から西側の部分は、いよいよ深い竹林が広がり、昼間でも薄暗い趣きのある雰囲気を作り出す。真っ直ぐな道ではなく勾配やカーブも有り、竹林の小径は様々な表情を見せる。

大河内山荘付近

竹林の小径の西の端は、大河内山荘になっている。天を突く程の高さの竹林が広がり圧巻の光景。


地図とアクセス




クチコミ

コメントを残す



このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。