スーツケースを軽量性で選ぶ

頑丈さを双璧を成す重要ポイントが軽量性です。
スーツケースは軽いことが非常に重要なのです。
頑丈さを犠牲にするほどの軽量性は必要ありませんが、ある程度頑丈ならば軽いほうがよいのです。

少し高い軽量のものを選べば、最終的に安く済みます

飛行機に搭乗する際には、スーツケースは貨物室に積み込むために預けます。この際に預けられるサイズと重量には制限があるのです。

サイズ制限は、外国の航空会社で縦×横×幅の3辺の和が160センチ前後が一般的です。
日本航空(JAL)や全日空(ANA)はもう少し大きいものでも預けられます。

一方、重量の制限は、航空会社や渡航先によってまちまちです。たとえばJALの場合、国際線のエコノミークラスでは23キロまでの荷物でしたら無料で預けられます。23キロ~32キロですと6000円の追加料金がかかってしまいます。また32キロを超えると、アメリカやヨーロッパへの渡航で45000円もの追加料金が発生します。
荷物の量を減らすことが最も重要ですが、スーツケース自体を軽いものにすることも重要です。
無駄な超過料金を取られないように、軽量のスーツケースを選ぶことが重要です。

軽いキャリーバッグで移動をスムーズに

重量を超過しても、超過料金を払えば済みますが、快適な移動は追加料金では変えません。
スーツケースにはキャスターが付いていますので、4輪モデルを購入すれば、重いスーツケースでも、体に大きな負担無く運ぶことができます。
しかし、大きな段差や階段では、取っ手を持って持ち上げて運ぶ必要があります。
また、悪路や石畳など海外の路面事情によっては、持ち上げて運ぶシーンも意外と多いものです。
重いスーツケースを持って移動するとなると体への負担も大きく、快適な旅を楽しむことができません。軽いスーツケースを購入し、荷物は必要なものだけに絞ることが、旅の達人への第一歩です。

このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。