スーツケースを値段で選ぶ

スーツケースを選ぶ際に最も気にする人の多いポイントが値段ではないでしょうか。
スーツケースは、性能も値段も非常に幅があり選ぶのも一苦労です。
安いハードケース(ファスナー)は5000円程度から購入することができます。
一方、ボディがすべて金属でできた高級品は10万円を越えるモデルまであります。
どの値段帯、どのグレードの製品を選ぶのかは個人の自由ですが、あまりに安すぎる製品や高すぎる製品を購入するのは賢くありません。
安すぎるものは、壊れやすかったり重かったりと、値段なりの製品です。
また、高すぎるものは、値段が製品の性能に見合いません。
売れ筋であり、普及価格帯の1万円台~2万円台の製品がおすすめです。

1万円以下(~10000円)

1万円を切る激安価格帯の製品です。ネットショップでは一番の売れ筋の価格帯です。
多くがメーカー品ではなく、ノンブランド品です。ほとんどが、ネットショップが中国の工場に委託して作らせた製品で、その性能には大きな開きがあります。1,2万円台のメーカー製と比べるととにかく壊れやすくおすすめできません。中には優れた強度を誇るものもあり、コストパフォーマンスはいいのですが、軽量性を犠牲にしているためおすすめできません。
使い捨て感覚で使う、重くてもかまわないという、割り切った方にはおすすめです。

1万円台(~20000円)

激安品と普及価格帯の間の価格帯です。ノンブランド品やショップブランド品、メーカー品が混在し、性能も様々です。メーカー製の安い製品はそこそこの製品もあり、コストパフォーマンスは良い価格帯です。一方、1万円以下の製品と同じような性能で、値段だけ高くなったような製品もあり、注意が必要です。いいとこ取りとも、中途半端とも言える難しい値段帯でもあります。

2万円台(~30000円)

2万円台の価格帯は、多くの有名メーカーの標準的なモデルの値段です。
製品のラインナップやバリエーションも豊富で、性能も優れたものが多く、おすすめの価格帯です。
逆にこれ以上の価格帯の製品でも、性能が上がることはありません。性能や製品の質はここが天井ですので、これ以上の価格帯の購入はコストパフォーマンスという意味ではおすすめできません。

3万円以上(30000円~)

3万円以上のスーツケースは、普及価格帯を越え、高級スーツケースになります。
性能的な天井は2万円台で達していますので、これ以上はブランド価値であったり、デザインであったりと、付加価値の値段となります。

このページが役立ったら「いいね」で応援よろしくお願いいたします。